リアクション・一つテンヤ専用ロッド 1st Model
「シャクる×掛ける×獲る」3つをリンクさせる究極がここにある。
「KASAOKA STYLE」には 「エビズレン®」 や 「三笠:MIKASA」 が必需品であることはもちろん、
「シャクれて、アタリが取れて、掛けられる」専用のロッドも必要不可欠です。
究極を言えば 「なぜこのロッドなのか?」 「なぜこのシャクりなのか?」 その全てに真の意味があります。2017年夏、「リアクション・一つテンヤ専用ロッド」が誕生しました。
ブイアイソウルが、リアクション・一つテンヤの可能性に気づき、現場で実践を繰り返す中で、すぐに最大の問題点に直面した。それが、ロッドである。テンヤを機敏にシャクるためには、ある程度コシのある、シッカリしたロッドが必要不可欠。良くある、先調子の柔らかいロッドでは「シャクってるつもり」で、実際、テンヤに力が充分伝わっていない。しかも、アタリを感知し、フッキングしても、ティップが吸収しすぎてアワせが甘くなる。結果、自分のストライクのタイミングで掛けられないし、仮に掛かったとしても、バラしが多発。ロッド一本のチョイスミスで、釣果に雲泥の差がつき、しかも、ストレスだらけ…。今まで、多くの方の釣りを見て、直接お話を聞いても、「掛からない」「掛かってもバレる」という声が、かなり多かった 。その、多くの原因がロッドなのは、数多の実践テストでも実証されている。一般的な一つテンヤロッドはもちろん、バス、エギング、アジング、シーバス…など、様々なロッドを実践投入。そして、メリットはなにか、デメリットはなにか、膨大なデーターを、リアクション・一つテンヤロッドへ反映。ロッドコンセプトである、「シャクる」「掛ける」「獲る」を、現場でストレスなく展開するため、ロングレングスの「VRKS-LV1」(スピニング)、ショートレングスの「VRKB-LV1」(ベイト)をラインナップ。キャスティングやバーチカル、軽いテンヤから重たいテンヤも、イメージ通り操作可能に。
ルアー釣りと、餌釣りが融合した、リアクション・一つテンヤ「KASAOKA STYLE」。その根本を理解し、なぜ、魚が本能をあらわにし、リアクション(反動)にアタックしてくるのかをイメージできる。また、大切な資産(お金・時間)を投入し、そのワンチャンスで、最高の結果(釣れたではない、釣った)を手に入れたい。一本、ニ本、三本…と、ロッドを買ってはみたが納得できない。初心者で経験は浅いが、ハイエンドモデルを手にし、上級者を目指したい。そんなあなたへ贈る、魂身の一振りです!

1st Model VRKS-LV1 Spinning VRKV-LV1 Bait

1st Model イメージ
VRKS-LV1 Spinning|スペック表
ショア/オフショアの軽量テンヤでの「シャローキャスティングゲーム」で真価を発揮!

VRKS-LV1 Spinning

Model No. Length Top/Butt dia Top type Taper Tenya weight Line Guide Price
VRKS-LV1 2.58m 1.5mm/11.5mm Tubular Fast 15~30g 0.6~1.0/PE TITANIUM TORZITE ¥53,500
VRKB-LV1 Bait|スペック表
重めのテンヤを使ったディープエリア(バーチカル)での感度・操作性・フッキングは圧巻!

VRKB-LV1 Bait

Model No. Length Top/Butt dia Top type Taper Tenya weight Line Guide Price
VRKB-LV1 2.16m 1.4mm/10.5mm Tubular Fast 15~60g 0.6~1.2 /PE TITANIUM TORZITE ¥53,000
※写真の色は印刷やモニタの仕様により実際の色と異なる場合があります。
※仕様、価格は予告なく変更することがあります。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。
prev
  • KASAOKA STYLE
  • 三笠
  • EBIZUREN
  • WORMZUREN
  • ザ・最強! 真空冷凍エビ「とれんがなッ!」
next
Facebook
Copyright (C) V.I.Soul. All Rights Reserved.
PRIVACY POLICY