事業概要|はじめまして!
V.I.Soul(読み:ブイアイソウル)は、一つテンヤを中心とした「フィッシングアイテム」を製造するプロダクトメーカーです。2014年、テンヤに付けるエビがズレず、機敏なシャクりを可能にした「エビズレン®」を独自に開発し、事業を開始。2017年初春、エビズレン®実装済みのオリジナル一つテンヤ「三笠:MIKASA」などの販売を、中国地方、瀬戸内海沿岸を中心に、随時販路を拡大しています。

メーカー名の由来は、V(Vector)=進路を向ける、I(Invariable)=不変の、Soul=魂。
「有史以来変わらない釣り人の本能“釣り魂”を追求する」という姿勢を造語で表現したものです。

また「既存の型にとらわれず、大人から子供まで実釣で使える道具を、“釣り魂”を忘れずに開発したい」
という思いを、変わることなく(不変)追求し続ける意味も込めました。
釣り人の喜ぶ顔を見ること、喜びの声を聞くことこそが、V.I.Soulの原動力となっています。

<お問い合わせ先>
URL/http://www.v-i-soul.com
所在地/〒714-0034 岡山県笠岡市神島外浦2904-1
連絡先/TEL: 0865-67-6450 FAX:0865-64-3365 Email: info@v-i-soul.com
略 歴/2014年7月、岡山県笠岡市で創業。2015年2月、エビズレン®実用新案登録。
2015年6月「三笠:MIKASA」「とれんがなッ!」リリース。2017年4月「ワムズレン」リリース。
事業理念|オレたちのスローガン
「自分たちが本当に欲しい道具をつくる!」

自分たちが使わないアイテムはつくらない。
それは、イコール「実釣で使える」ということ。

まず、釣り人である自分たちが使い、結果に繋がり、喜んだものだけを世にリリースする。
オレたちは、釣りという不変の本能“釣り魂”を追求し、実釣で使える道具のみを開発するメーカーである。
常に釣り人目線で、子供や孫の代でも使えるような道具やアイテムを開発し、世に送り出す。
流行が年々変化していく中で、未来に伝承するモノを開発するには、型破りで自由な発想が必要だ。

そのアイデアは、現場にしかない。
実際に、現場で釣って確かめる「実釣主義」。
そこからしか、本物の機能は生まれない。

そして、自然あってこその釣り。
自然をこよなく愛し、常に感謝の気持ちを持って。
V.I.Soul 代表 Tnaka
KASAOKA STYLE フリーフィッシャーマンのブログ 釣り
      魂
Facebook
Copyright (C) V.I.Soul. All Rights Reserved.
PRIVACY POLICY