リアクション・一つテンヤ専用ロッド

「流用ロッドから卒業」次なるステージに移行する
岡山県笠岡を発祥とし、さらなる進化を遂げている「笠岡スタイル」。かつて、マダイやアコウなどオフショアで釣るのが一般的だったターゲットを、ショアから狙って釣ることを可能にした画期的な釣法として注目を浴びた。おかっぱりでのキャスティング・ゲームはそれまでもあるにはあったが、エギングロッドやシーバスロッドを流用するものが多く、釣り方もさまざまだった。一つテンヤをキャスティングで展開するメソッドは斬新だった。それまでの釣り人の常識を覆し、多くのアングラーの興味を引いた。その釣り方は話題を呼び、笠岡スタイルの名は浸透し、着実に広がりをみせていった。けれども、アングラーが増え、笠岡スタイルを実践すればするほど、流用ロッドでは物足りないという声が上がるようになった。そこで2018年、V.I.SOULはキャスティングロッド「VRKS-LV1」をリリースした。しかし、ロッドのユーザーが増えていくなか、新たなチャレンジが試されることになった。

尖ったロッドでも良い、特化させなければならない理由
「VRKS-LV1」は笠岡スタイルを実践するために開発された特殊なロッドだったけれど、ショアとオフショアの兼用だった。どちらにも使えるロッドの長さや調子など「いいとこ取り」がウリではあったものの、裏を返せばどちらにも特化されない、八方美人的な側面を持ち合わせていたのだ。「V.I.SOULにショア専用ロッドを出してほしい?」。その声に応えるため、新たなロッドの開発に乗り出した。課題は多くあったけれど、特にティップが入り過ぎないこととブランクに張りをもたせること、この2点が大きなテーマだった。笠岡スタイルはリアクションで誘うのが最大のキモ。だから、テンヤをきびきびと動かす操作感が絶対不可欠になる。また、キャスティング・ゲームではどうしても糸ふけが出がちだが、そんななかでもアタリを逃さない感度が求められる。合わせたときにしっかりとフッキングできることも重要なファクターだ。また、大物を掛けたときでもしっかりと粘ってくれるブランク。前作ロッドの愛用者が納得する要素を、妥協なく追い求めた。試行錯誤を繰り返し、2020年6月、満を持して登場したのがショア専用ロッド「VR-X 92S LV2」だ。


まぐれ要素を排除し“捕獲確率を最大限アップ”
全長を20cm長くすることで遠投性が向上。手前に荒い根のある磯や足場の高い波止でも、相手を素早く浮かせ主導権は渡さない。ティップからベリーを強化しつつも2ステップ→Tフォールを高次元で演出できるロッドワークも可能にした。モンスターを掛けても確実に獲れる強靱なバットパワーはアングラーに安心感を与えるに違いない。軽快な操作感でポイントを狙い撃ちできるキャスタビリティ。大胆かつ繊細なゲームを展開できる“トータルバランス”。あらゆる面で、前作をしのぐパフォーマンスを発揮できる自信作に仕上がった。「狙ったターゲットを確実に獲る!」。それを可能にするロッドが「VR-X 92S LV2」だ。

500g Bending Curve


極限まで無駄を省いた“レーシングロッド”

500g Bending Curve

500g Bending Curve

500g Bending Curve

VR-X 92S LV2(ショア一つテンヤ専用)|スペック表

VR-X 92S LV2

Model No. Length Top/Butt dia Top type Taper Tenya weight Line Guide Price
VR-X 92S LV2 9.2f 1.7mm/13.2mm Tubular Fast MAX60g 0.6~1.2 /PE Stainless SIC ¥27,500
※写真の色は印刷やモニタの仕様により実際の色と異なる場合があります。
※仕様、価格は予告なく変更することがあります。
※希望本体価格には消費税は含まれておりません。
V.I.SOUL|SNS公式アカウント

Youtube

instagram

facebook
Copyright (C) V.I.SOUL. All Rights Reserved.
PRIVACY POLICY